モッツァレラ・ディ・ブファラ・カンパーニャ は高品質を保証するA.O.C.対象チーズです
500種類にもおよぶフランスチーズの中で、フランス原産地呼称委員会が定める厳しい基準を満たしているわずか35種しかAOCを取得していません。伝統的な製法で作られた質の高い食料品を守り、類似品との違いを明確にするためのフランスの制度で1955年に作られました。チーズの他にはワインなどにも与えられ、おもに酪農製品を対象としています。
「ブファラ」は水牛のこと。最近は牛乳で作られるタイプ(モッツァレラ・ディ・バッカ)も多いけれど、ギュッとかむと口に広がる甘いミルクの香りとジューシーさは、やっぱり水牛乳製ならでは! オリーブオイルと塩をかけるだけでもシンプルなおいしいおつまみになります。
チーズをはじめる上でこれ以上ない1冊!
¥1480
モッツァレラ・ディ・ブファラ・カンパーニャの分類される
「フレッシュタイプ」のチーズって?
ミルクに一番近くクセのないチーズでミルクの風味を味わえる食べやすいものばかり。
チーズの原料は牛や羊、山羊のミルクなどで、色々な素材とも相性がよく調理しやすいチーズ、そのままでも口当たりがソフトであっさりした酸味を楽しめるのがフレッシュタイプの特徴で、香辛料やハーブでシンプルにいただくのもおいしいです。
ミルクに乳酸菌や酵素を入れて固めたカードから、水分(ホエー)を抜いたのちにほとんど熟成させないのがフレッシュチーズです。

保存方法
鮮度が大切なチーズで長期間保管のために作られたチーズではないのでできるだけ早く食べるのが鉄則です。もし保存する場合には購入時に入っていてカップなどの容器に入れ、湿度の保てる冷蔵庫の野菜室に入れて保存します。